今夏、ルイス・スアレスを獲得する一方、アルバロ・モラタを放出したアトレティコ・マドリー。

『Marca』によれば、ディエゴ・シメオネ監督のチームで頼りになっているFWがいるという。それは、ボランチからFWにコンバートされたマルコス・ジョレンテ。

アトレティコが2020年に決めた総得点は50。そのなかで、得点に最も多く絡んでいるのは、ジョレンテなのだ(7ゴール+6アシスト)。

これはモラタ(7ゴール+3アシスト)とアンヘル・コレア(6ゴール+4アシスト)を上回るチームトップの数値だそう。

さらに、2020年の得点数とアシスト数でも、ジョレンテはチーム内トップだとか。

実際、スアレスのデビュー戦ゴールをアシストしたのもジョレンテだった(以下動画5秒~)。

正確なクロスでスアレスをアシスト!

ただ、逆にいえば、得点を量産できるストライカーがいなかったということかもしれない。それだけに、スアレスの爆発にも期待がかかりそうだ。