2014年にレアル・マドリーに加入したドイツ代表MFトニ・クロースは、これまで280試合以上に出場してきた。

30歳になった彼とレアルとの契約は2023年まである。『Marca』によれば、クロースはこんな発言をしていたそう。

トニ・クロース(レアル・マドリーMF)

「ドイツに戻ることはいつだって好きだよ。自分の国だし、自分の言語があるからね。

でも、僕はマドリッドでの暮らしとレアルでプレーを本当に満喫している。

オファーはあったけれど、他のクラブと話し合うことは決してなかった。

僕の考えはレアルでキャリアを終わらせることだからね」

他クラブから移籍の誘いがあったものの、レアルで引退するために交渉すらしなかったとか。

そんなクロースは久保建英を削るタックルシーンが話題になったこともある。

クロースの怒りタックルはあまり見たことがないものだった。

久保の出場も期待されるレアル対ビジャレアル戦は11月22日に行われる。