この数十年間で戦術やゲームスピードなどは確実に変化してきたが、いつの時代もMFの重要さは変わらない。

ここでは『sportskeeda』による「世界最高のパサー、TOP10」を見てみる。

10位 ルカ・モドリッチ(レアル・マドリー/クロアチア代表)

ルカ・モドリッチ

彼が世界最高のMFのひとりと評価される理由のひとつは、いとも容易くパスを通せる能力にある。

このクロアチア人はシルキーパサーであり、スタッツがそれを証明している。

1試合平均63.4回のパスを通し、成功率は89.7%。また、1試合平均で1.4本のキーパスも記録。

9位 ハメス・ロドリゲス(バイエルン/コロンビア代表)

ハメス・ロドリゲス

このリストのなかでは、1試合平均のパス数は最も少ない(58.8本)。彼は前目のポジションで起用されているので、パスが少ないのは普通だ。

その一方で驚異的なのは、成功率。90.1%を記録しており、世界で最も精密なパサーのひとりになっている。1試合平均4.2本のロングパス、2.6本のキーパスもマーク。