来夏までバルセロナに残留することを決めたリオネル・メッシ。今季はここまでの全8試合で3ゴールを記録しているものの、リーガでは1得点に留まっている。

1-1のドローに終わった第8節アラベス戦では得意のフリーキックを放つシーンがあったが、相手はしっかりと対策を立てておりゴールならず。

Optaによれば、メッシはバルサの直近41試合(全コンペティション)で45本の直接フリーキックを放っているものの、得点になったのはわずか1つだけだそう。

それは、今年7月に行われたオサスナ戦でのもの(以下動画45秒~)。

ゴール前のいい位置からのフリーキックを完璧に突き刺している。

【関連記事】「キッカーも震える!サッカー史上、最も豪華な“壁”TOP7」

メッシのFKを封じたアラベスはフリーキック時に“3つの壁”を立てる対策をしていた。そういった相手チームの入念な対策もメッシのFK決定率低下につながっているかもしれない。