UEFAチャンピオンズリーグのRBライプツィヒ戦に2-1で敗れたPSG。

アンヘル・ディマリアのPK失敗、イドリサ・グエイとプレスネル・キンペンベの退場など痛恨の試合展開となった。

そんな試合では怪我人続出のためにポルトガル代表MFダニーロ・ペレイラが急遽CBとして起用されている。彼は試合後に『Téléfoot』のインタビューでこう述べたという。

ダニーロ・ペレイラ(PSG MF)

「ディフェンダーは自分のポジションではない。僕はミッドフィルダーだ。

監督からCBでプレーするよう頼まれ、求められたことをするために適応した。

簡単にはDFを分かっているけれど、慣れようとしているよ。

ディフェンスのポジショニングや振る舞いなどを知るために、チームメイトは大いに助けてくれている」

そのライプツィヒ戦での得失点シーンがこちら。

ミドルを叩き込まれたシーンではダニーロも為す術なし…。

なお、キンペンベは第5中足骨を痛めており、週末のレンヌ戦は欠場する見込み。さらに、ケイロル・ナバスも欠場するとされている。