39歳になったミランFWズラタン・イブラヒモヴィッチだが、目下セリエAの得点ランキングでトップに立っている。

その彼を代理人として支えてきたのが、ミーノ・ライオラ氏だ。多くの有名選手たちと契約する大物エージェントとしても知られる同氏が、『de Volkskrant』のインタビューである秘話を明かした。

試合翌日の朝11時にヘリコプターのフライトを予約していたイブラはチームメイトとこんな会話をしていたそう。

ミーノ・ライオラ

「11時にフライトする予定の彼らは前夜に試合をプレーしていた。

だから、チームメイトは『OK、10時半に待ち合わせだね』と言ったんだ。

だが、ズラタンの答えはノーだった。『8時半に来い』とね。

ズラタンは『2時間トレーニングするぞ』って言い放ったんだ」

試合翌日の朝にもかかわらず、トレーニングを欠かさないプロ意識の持ち主だそう。

39歳にした驚きのバイシクル決めたイブラだが、その秘訣はそこにあるのかもしれない。

何度でも見たい超反応バイシクルは圧巻だった!

また、イブラは犬猿の仲だったオランダ代表MFマルク・ファンボメルとミランでチームメイトになると意気投合。ファンボメルが引退試合にイブラを呼ぶまでになったとのこと。