今季スペイン1部リーグに昇格したウエスカが嬉しい初勝利を手にした。ラ・リーガ第13節アラベス戦に1-0で勝利したのだ。

先発した岡崎慎司は後半3分にゴールネットを揺らすも、VARによってオフサイドと判定され得点ならず。

岡崎はミケル・リコのパスに抜け出すと、見事なボールタッチから高速シュートをお見舞い。相手GKに当たったボールはネットに突き刺さった。

【動画】岡崎慎司、VARで取り消された「幻のゴール」シーン

岡崎は歓喜爆発で味方と喜び合っていたものの、VARによってオフサイドが確認され、無念の取り消しに。

岡崎は得点なく86分で交代したが、ハビ・オンティベロスのゴールでウエスカは待望の初勝利を掴んだ。

ミチェル監督は「このチームは恐れていなかった。我々が置かれた状況では簡単なことではなかった。このメンタリティは賞賛されるものだ」と選手たちを讃えていたそう。