プレミアリーグ第12節、アーセナルはホームでのバーンリー戦に0-1で敗れた。

アーセナルはグラニット・ジャカが一発退場になり、ピエール・オーバメヤングのオウンゴールで痛恨の敗戦。

バーンリーがプレミアリーグでアーセナルに勝利するのは史上初だった(アーセナル戦の勝利はプレミア発足前の1974年以来)。

『football.london』によれば、アーセナルはロッカールーム崩壊の危機に瀕しているという。

なんでも選手たちはミケル・アルテタ監督の失敗プロジェクトに愛想を尽かしているとのこと。

指揮官はリーズ戦で一発退場になったニコラ・ペペを「容認できない行為であり、チームを失望させた」と叱責。監督が遠慮なしに選手を批判することは稀だが、アルテタはそれを何とも思っていないという。

一部のトップチーム選手たちは指揮官のそういった振る舞いを不満に感じているとのこと。ジャカを含めた多くの選手が「精神的にクロックアウト(退出)」したとも。

【写真】「アーセナルを逃げ出したことが大成功だった」5名の選手

また、アルテタとダヴィド・ルイスの関係は悪化しており、2人が直接会話することもなくなっているという。

チーム内で尊敬されていたメスト・エジルとソクラティス・パパスタソプロスをリーグ登録から外したことも逆効果だったとのこと。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】