日本代表FW大迫勇也が所属するヴェルダー・ブレーメンは23日、恒例となっているクリスマス・ユニフォームを発表した。同日に行われたドイツカップ2回戦で着用している。

Werder Bremen 2020-21 Umbro Christmas Kit

今年のクリスマス・ユニフォームは20-21アウェイをベースにしたデザイン。エンブレムを通常版からクリスマスツリー型に変更するのが“お約束”だ。その下にはシンプルに「2020」をレタリングする。

ブレーメンにおけるクリスマス・ユニフォームの歴史は2002-03シーズンから始まっている。ちなみに、このユニフォームを一般向けに販売する予定はないそうだ。

【画像を見る】ダサさはプレミア以上!ブンデスリーガ「19-20ダサセーター」ベスト10

このキットは原口元気と室屋成が所属するハノーファーとのドイツ杯2回戦で着用。敵地での一戦は0-3で勝利を収めた。