歴史的な降雪に見舞われたスペイン。

月曜日から練習を再開したアトレティコ・マドリーはチーム全員に雪でも走行できる4WD車を手配したそう。だが、『Cadena SER』によれば、カラスコだけは別の車種を選んだとか。

彼は隣人から借りた1980年代製のフィアット・パンダでやってきたのだ。

【動画】見た目がかわいい!カラスコが乗ってきた「初代フィアット・パンダ」

わざわざ40年落ちの車種を借りた理由は「これは雪のなかでもとてもいいから(雪のなかでも楽に走行できる)」だそう。

チームメイトたちもレトロな旧車に食いついていたようで、カラスコが乗ってきたかわいいパンダとともに写真撮影をしていた。

サッカー観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら