FAカップ4回戦、マンチェスター・シティは4部のチェルテナム・タウンを1-3で下した。

ただ、先制したのはチェルテナム。後半14分にロングスローからまさかの先制ゴールを奪ってみせた。そのゴールシーンがこれ。

ゴール前へのロングスローでボックス内が混乱し、最後はチェルテナム選手が押し込んだ。スローインからゴールを演出したDFベン・トーザーは実はロングスローの使い手として有名な選手。

海外のファンたちは「彼のロングスローは試合中ずっと脅威だった。ものすごいキャノン砲だな」、「ロリー・デラップ以降で最高のロングスロー」、「ロングスローはもっと一般的な戦術になるべき」などと反応していた。

【写真】「サッカー界の伝家の宝刀!必殺技を持つ9人のスター選手」

『BBC』によれば、チェルテナムのマイケル・ダフ監督は「ロングスローが脅威だった。攻撃するための瞬間を選ぶ必要があることは分かっていた」と述べ、一方のジョゼップ・グアルディオラ監督も「相手はボックス内のクオリティを使ってきた。彼らは我々よりも高身長だった」と語っていたという。