かつてリヴァプールで活躍した元デンマーク代表DFダニエル・アッガー。

ロシアで全く同じ名前の人物が逮捕されたものの、同姓同名に改名した別人だと判明する出来事があった。

『Sports.ru』によれば、この人物はアレクセイ・ナワリヌイ氏(毒殺されかけたロシアの活動家)を支持する抗議活動に参加したことで警察当局に拘束されていたという。

ただ、もとの名前はドミトリー・ケンデルだと判明。2009年にオレンブルク州で正式にダニエル・アッガーに名前を変更していたとのこと。

【写真】現役Jリーガーも…「最悪のタトゥーを入れた11人のサッカー選手」

重要施設、交通機関、社会インフラ機能の妨害を伴う無許可集会への参加容疑で逮捕されたものの、拘束されたのは2日ほどだったそう。

ただ、1万~2万ルーブル(1.3~2.7万円)の罰金、もしくは義務的労働などを科される可能性もあるとのこと。