今季イングランド・プレミアリーグで苦戦を続けているチェルシー。ついに昨日フランク・ランパード監督の退任が発表された。

そんな中、2017年からチェルシーに保有されているMFダニー・ドリンクウォーターがちょっとした騒動を巻き起こしていたようだ。

彼はランパード氏の退任が発表された直後、自分がレスター・シティでゴールを決めた際に膝滑りパフォーマンスをした時の写真をSNSで投稿したのだ(下の写真)。

それが「まるでランパード氏の解任を喜んでいるようだ」としてファンからの怒りを呼び、ドリンクウォーターはそれをすぐに削除せざるを得なくなったようだ。

なお、ドリンクウォーターはその後Instagramのストーリーで「奇妙なリアクションだったと思うが、僕はそのニュースを知らなかった。ランパードは選手として尊敬していた人物だよ」と説明し、特に他意はなかったと語っている。

【写真】「ランパード退団以降、チェルシーが獲得したセントラルMF」最高から最悪

まだチェルシーとの契約が残っているドリンクウォーターだが、今冬はトルコ1部のカズムパシャへとローン移籍し、初めてイングランド以外でのプレーを経験している。