サッカー界でも問題視されてきたSNS上での叩き行為。先日にはレッドカードへの判定を巡って、マイク・ディーン主審に殺害予告が送られる事態も起きた。

『Sky Sports』によれば、アーセナルのミケル・アルテタ監督も家族が脅迫のターゲットにされたと明かしたという。

ミケル・アルテタ(アーセナル監督)

「我々全員が晒されている。

何者かが家族に手を出そうとした場合、自分は大きな影響を受けるだろう。そういうことがあったからね。

クラブがそれに気付き、行動を起こそうとした。

(SNS上での脅迫などが)明日終わることはないだろう。それは分かっている。中長期的に解決していきたい。

これも仕事の一部だ。この種のことに苦しんでいるのは私だけではない。

勝っている時は素晴らしい最高の監督ということになる。負けた時はその逆だ。これは愉快ではない。

このクラブはとても支えてくれている。そういうことが起きた時はしなければいけないことをやる。

中長期的に何ができるのか?試合のなかの人々を守る必要がある」

2019年末からアーセナルを指揮しているアルテタ監督。チームが変革期にあることもあり、ここまでの成績は35勝10分18敗というもの。

【動画】イケメンで巧い!アルテタ、現役時代の男前プレー

現在11位のアーセナルは週末に10位リーズと対戦する。