adidasは16日、ボールタッチの感覚を研ぎ澄ます5つのテクノロジーを搭載することでアップグレードを遂げた新スパイク『コパ センス』を発表した。

adidas COPA SENSE

アディダス コパ センス

ピッチ上で今まで以上のパフォーマンスを発揮できるように改良された新作コパ。

『コパ センス』は、足に吸い付くようなボールタッチを武器にプレーの質を上げ、ピッチ上の芸術家になりたいと考えるプレーヤーに贈る一足となっている。

アディダス コパ センス

気になる5つのテクノロジーはこちら!

センスポッド

アディダス コパ センス

足首周りと踵部分に解剖学的に配置されたクッション性の高いセンスポッドが、足とスパイクの隙間を埋めることで、より優れたフィット感に貢献。

タッチポッド

アディダス コパ センス

内側のタッチポッドは、ボールに触れたときの衝撃を吸収し、足に吸い付くようなボールタッチに、外側のタッチポッドは、研ぎ澄まされた感覚でボールを扱うことを助ける。

カンガルーレザーアッパー

アディダス コパ センス

水を吸収しにくいフュージョンスキン加工を施したカンガルーレザーアッパーが、繊細な素足感覚でのボールタッチを促す。

シルエット

アディダス コパ センス

解剖学に基づき、足首の形に沿うように、やや外側に開くように設計された履き口の形状が、より優れたフィット感を実現。

センスフレーミング

アディダス コパ センス

データ分析に基づき、新たに開発されたアウトソール。内側2本のスタッド(黒)に柔らかい素材を採用することで、地面からの衝撃を吸収し、より優れたボールタッチ感覚に足の底から導く。