齊藤未月が所属するロシア1部のルビン・カザン。第21節では首位ゼニトを2-1で撃破する金星をあげた。

決勝点を決めたのは、23歳のレフティMFデニス・マカロフ。

1-1で迎えた後半アディショナルタイム、ゼニトの攻撃を跳ね返したルビン・カザンがカウンターを発動。マカロフは深い切り返し2発で相手DFデヤン・ロヴレンらを翻弄し、サイドネットへのシュートを突き刺してみせた。

ロヴレンががっくりとうなだれる一方、ルビン・カザンはレオニド・スルツキー監督を含めて感情を爆発させていた。

【写真】「美女大国ロシア!最もホットなサッカー選手の嫁・彼女TOP10

海外のファンたちは「ピッチコンディションよ」、「先週のカザンはマイナス30度だったからね」、「昨夜はマイナス18度」などと反応していたぞ(実際の最低気温はマイナス14度ほどだったようだ)。

ゼニトは後半AT9分にPKのチャンスを得たのだが、アルチョム・ジュバが痛恨の失敗。スルツキー監督は「難しい試合に耐えてくれた選手に感謝する。マカロフのスーパーゴールとPK阻止に触れないわけにはいかない」と述べていたそう。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら