2017年11月から2019年1月までアーセナルでスカウトチーフを務めていたことで知られるスヴェン・ミスリンタット氏。

かつてボルシア・ドルトムントで辣腕を振るった彼がアーセナルで獲得した主な選手は8名だた、その中で今も残っているのはオーバメヤングとレーノの2名のみ。

リヒトシュタイナー、ムヒタリャン、ソクラティス・パパスタソプーロスはすでにチームを離れており、グエンドゥージ、トレイラ、マヴロパノスもローンで貸し出されている状況だ。

しかし、『Athletic』に対してミスリンタット氏は以下のように話し、彼が獲得した選手についてこう語ったという。

スヴェン・ミスリンタット

「まずはオーバ(オーバメヤング)から始めよう。アーセナルのキャプテンだ。彼について話すことはないさ。彼がプレミアリーグに入ってからの数字がすべてを語る。

彼は、ライバルよりも総得点が少ないチームに入って、ライバルのエースよりも多くのゴールを決めている。

ヘンリフ・ムヒタリャンはアレクシス・サンチェスとのトレードだった。彼は価値を証明しなければならない選手ではない。

チームにとっても、そして金銭面でもお得だったよ。7つの言語を話すことができ、ドレッシングルームでは全員と対話が可能だった。

ソクラティスは、その積極性や勝利のメンタリティ、試合に入るときの決意、美しさよりも勝利を求める姿勢をチームにもたらした。忘れられない、完璧なメンターだったね。

マヴロパノスは偉大なディフェンダーになれるだけのハードウェアとソフトウェアの両方を備えているが、不幸なことに多くの怪我を負っている。

彼を完全にフィットさせることが重要だ。肉体的に安定できれば、彼はダヨ・ウパメカノと並んでリーグ最速のセンターバックの一人だ」

【写真】「ソル・キャンベル退団後にアーセナルに来たCB」最高と最悪の5名

ミスリンタット氏は現在アーセナルでディレクターを務めているエドゥ氏らとあまり反りが合わなかったと伝えられているが…その影響もあったのだろうか。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら