FIFAワールドカップ欧州予選、セルビア対ポルトガル戦は2-2の引き分けという結果になった。

セルビアは前半に2点を先取されるも、後半にアレクサンダル・ミトロヴィッチとフィリップ・コスティッチがゴールを奪い同点に持ち込んだ。

そのミトロヴィッチは試合後のインタビューで感極まり涙していた。『RTS Vesti』によれば、彼はこう述べていたそう。

アレクサンダル・ミトロヴィッチ(セルビア代表FW)

「国を代表することはすごく大きなものだ。

子供の頃に夢見ていた65年間の記録を破ることができた。自分にとってものすごい瞬間だ。

いまは自分の家族以上に誇らしく、名誉な家族はない」

26歳のミトロヴィッチは代表での通算得点数が39となり、セルビア代表史上1位に躍り出た。

1956年に作られたこれまでの記録を更新したことで感極まり、思わず泣いていたようだ。

【動画】あの強面が思わず涙…ミトロヴィッチが泣いてしまった感動シーン

パルチザンで育成されたミトロヴィッチは若い頃から将来を嘱望されていた重戦車型ストライカー。お騒がせな面もある悪童系でもあるが、この記録には思い入れがあったようだ。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら