トッテナムの監督を解任をされたジョゼ・モウリーニョ氏。

2019年11月の就任から在任期間は516日、戦績は86試合で45勝17分24敗というものだった。

そのモウリーニョ監督はギャレス・ベイルのトッテナム復帰を希望していなかったようだ。

『Telegraph』によれば、獲得を主導したのはダニエル・レヴィ会長であり、モウリーニョはそれを嫌々ながら受け入れたという。

【動画】カリウスを小馬鹿に!?ベイル、ソン・フンミンとの物議シーン

古巣に戻ってきたベイルは怪我がありながらもすでに10ゴールをマーク。ただ、最近はまた出場機会が激減していた。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】