すでに来季のUEFAチャンピオンズリーグ出場権を確保しているマンチェスター・ユナイテッド。優勝はシティに譲ったが、現在2位と復調を遂げつつある。

34歳のエディンソン・カバーニがスーパーサブとして貴重な得点をあげてきたが、今度は10代コンビがやってくれた。

レスターとの第36節で18歳のアマド・ディアロのアシストで19歳のメイソン・グリーンウッドがゴールを決めたのだ。

Optaによれば、プレミアリーグで10代選手のコンビがゴールを奪ったのは、2006年5月のミドルズブラ以来だそう(デイヴィッド・ウィーターとアダム・ジョンソン)。

その得点シーンはアマドが粘ってつないだボールを受けたグリーンウッドが相手5人を無効化するゴールを決めるというものだった。

【動画】これで19歳かよ!神童グリーンウッド、5人瞬殺の神シュート

『BBC』によると、スールシャール監督も「最近は試合が多過ぎるので、(メンバーに)変更を加える必要があった。アマドはとてもよかったし、メイソンも本当にファンタスティックだった。彼がフィニッシュでやれることを私は分かっている」と讃えていたそう。ただ、試合は1-2でレスターが勝利している。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら