イングランドで屈指のライバル関係にあるリヴァプールとマンチェスター・ユナイテッド。

両チームでちょっと変わった背番号を背負った選手たちを取り上げてみる。

リヴァプール2番:アンドレア・ドッセーナ

「背番号2」なのに左サイドバックだった5人

イタリア代表として2009年のコンフェデレーションズカップも戦った左サイドバック。1年半だけプレーしたリヴァプールでは左SBながら2番を着用した。

もとは高精度のクロス、粘り強いディフェンス、無尽蔵な運動量を武器とするサイドアタッカーだった。

左SBとして期待されたリヴァプールではクロスが全く味方に合わず、守備力の不足も露呈する結果に。