9日に全国各地で行われた天皇杯で、珍しい「GKのゴール」が決まった。

試合はJリーグ勢対アマチュアの対戦となった横浜F・マリノス対Honda FCのゲーム。その前半28分だった。

Honda FCがペナルティエリアでファウルを受けてPKを与えられると、キッカーを担当したのはGKの楠本祐規!

シュートの際に軸足を滑らせながらも見事なシュートを放ち、ゴール左上隅にズドン!JFLを戦うHonda FCが「GKのゴール」で先制点を奪取することになった。

楠本祐規は1993年生まれの27歳。東福岡高等学校から九州産業大学に進学し、卒業後にHonda FCに加入してから5年目を迎えるGKだ。

【写真】「プレミアでゴールを決めたGK」6名

これまでリーグ戦でも天皇杯でもゴールを奪ったことはなく、なんと横浜F・マリノス相手のPKが社会人のキャリアで初の得点となった。なお、試合は後半に横浜F・マリノスが追いつき1-1となり延長戦に突入。その後前半に横浜、後半にHonda FCがゴールを追加し2-2となっている。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら