EURO2020で優勝候補フランスを撃破して準々決勝進出を決めたスイス。

2点差を追いついて迎えたPK戦前にはキャプテンであるグラニット・ジャカが魂の演説で選手たちを鼓舞していた。

アーセナルで彼を指導したアーセン・ヴェンゲル氏も「PK戦前に選手を結束させたのはジャカ」と絶賛している。

そんなジャカのスピーチシーンでは別の出来事も話題に。熱くなったハリス・セフェロヴィッチが、ジャカの胸を手で突いて気合いを入れると、その隣にいたブレール・エンボロの右頬にビンタを見舞っていたのだ。

この2ゴールの活躍だったセフェロヴィッチは延長戦でベンチに下がっていた。また、エンボロもすでに交代しており、彼がPKを蹴ることはなかったのだが…。

とにかく、熱くなっていたようなのだが、殴られ損?だったエンボロも全く気にする様子はなかった。

海外のファンたちは「(PK戦前の)両チームの様子はあまりにも違った。スイスは興奮していたけれど、フランスは疲れ切っているように見えた」などと反応している。

【動画】狂喜!英雄になったジャカ、監督の胸ぐら掴みシーン

マンオブザマッチに選ばれたジャカは「こんなカムバックをして、スピリットとキャラクターを見せつけた。このチームの一員であることをとても誇りに思うよ」と劇的な勝利を喜んでいた。