昨季限りでエイバルとの契約が満了となり、フリーエージェントとなっている日本代表MF乾貴士。

一時はJリーグ復帰の噂も流れていたが、『Haber365』によれば乾貴士は現在トルコ1部のガジアンテップFKスポルに移籍する寸前になっているようだ。

ガジアンテップFKの新監督に就任したエロル・ブルト氏は、このマーケットの終盤でウインガーの補強を要求したとのこと。

そこでガジアンテップFKの経営陣は乾貴士をピックアップして交渉を開始。前向きに会談が行われたという。

記事によれば、乾貴士に提供されるのは年間100万ユーロ(およそ1.3億円) 、1年契約+1年延長のオプションであるとのこと。

【写真】「ヴィッセル神戸が海外から獲得した日本人選手」

今週のうちに乾貴士はトルコを訪れてメディカルチェックを受け、それに合格し次第正式な加入が発表される見込みであるそうだ。