ついに開幕した2021-22シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ。クリスティアーノ・ロナウドが復帰したマンチェスター・ユナイテッドは敵地でのヤング・ボーイズ戦で2-1の逆転負けを喫してしまった。

ロナウドが前半13分に先制ゴールを決めるも、前半35分にアーロン・ワン=ビサカが一発退場。後半に同点に追いつかれると、アディショナルタイムにジェシー・リンガードのパスミスから痛恨の逆転を許した。

ユナイテッドは1-1のスコアだった後半27分にロナウドとブルーノ・フェルナンデスを下げて、リンガードとネマニャ・マティッチを投入。

試合後、スールシャール監督はその理由をこう説明していた。

オレ・グンナー・スールシャール(マンチェスター・ユナイテッド監督)

「試合は70分ほど経過していた。2人は土曜の試合も今日もかなり走っていた。

我々はボールをキープするためにネマニャの経験が欲しかった。ジェシーの足も」

ロナウドは土曜のニューカッスル戦にフル出場、ブルーノ・フェルナンデスも85分プレーしていた。数的不利だったため、ボールを収められるマティッチと一発のカウンターで仕留めるためにリンガードを入れたということのようだ。

【動画】ロナウド、KOしてしまった女性警備員を心配して駆けつけたシーン

DFハリー・マグワイアは「これがサッカー。人はミスをする。僕らはジェシーを責めない。今日は全員がミスをした。ジェシーは立ち直るさ」 と仲間を庇っていた。

今週末はアーセナルvsトッテナムに三笘vs三好!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら