バルセロナは23日、「カイセリスポルからFWエムレ・デミルを獲得した」と公式発表した。

移籍金はおよそ200万ユーロ(およそ2.6億円)で、契約解除料については4億ユーロ(およそ512.6億円)に設定されたとのことだ。

エムレ・デミルは2004年生まれの17歳、8歳でクヴァイミリエスポルからカイセリスポルへと移籍し、2019年に15歳でトップチームに昇格した天才だ。

2019年のゲンチレルビルリイ戦では15歳+9ヶ月という若さでトルコ・スーパーリーグでの初ゴールを奪い、歴史上最年少記録も樹立している選手である。

その高いテクニックから、周囲からは「メッシ」「アレックス(フェネルバフチェに所属したブラジル人の名司令塔)」と呼ばれてきたという。

パリ・サンジェルマンでもトレーニングをした経験があるが、今回同じように練習参加したバルセロナに加入することを決断したようだ。

【写真】久保は何位?リーガで「最も価値ある20歳以下の選手」TOP10

なお、エムレ・デミルはまずバルセロナのBチームでプレーすることになるという。

劇的勝利の豪州戦「裏チャンネル」でもう一度!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら