UEFAチャンピオンズリーグのPSG戦に2-0で敗れたマンチェスター・シティ。

ジョゼップ・グアルディオラ監督は、メッシの移籍後初ゴールはファンタスティックだったと脱帽していた。また、『RMC Sport』によれば、こんな話もしていたそう。

ジョゼップ・グアルディオラ(マンチェスター・シティ監督)

「私は彼に恋しているよ。並外れた選手だ。

プレッシャーをかけられても、パスを出せる。

彼のキャラクターもパーソナリティも知っている。怪我から戻ってきたのは嬉しいね。

ゲームを作ってくれる彼は常に頼りになる。前半の我々は彼に少し“ソフト”だった」

ペップがこれでもかと絶賛していたのは、PSGのイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティ。膝を痛めて離脱していたが、この日即先発起用されると、交代する78分まで素晴らしいプレーを見せた。

【動画】ヴェッラッティが恐怖した悪メッシのイタズラシーン

ペップは彼に対して前半からもっと厳しくチェックに行くべきだったと感じていたようだ。