先日発表された2021年度のバロンドール候補30人。

UEFAチャンピオンズリーグで優勝したチェルシーからは5人がノミネートされた。ただ、守護神としてビッグイヤー獲得に貢献したセネガル代表GKエドゥアール・メンディは候補に入らず。

セネガル代表DFカリドゥ・クリバリはそのことに対する不満を訴えたが、同じくセネガル代表FWのサディオ・マネも『Onze Mondial』でこう述べたそう。

サディオ・マネ(リヴァプールFW)

「許せない。理解できないし、遺憾だよ」

ただ、バロンドールを主催する『France Football』は、GKを表彰するヤシン賞も用意しており、メンディはその候補者10人にはノミネートされている。

【動画】これでも除外かよ!守護神メンディ、チェルシーを救った神セーブ集

メンディ本人は「自分の国を代表して、世界最高のGK10人に入ったことだけでとても誇りに思う。僕以外でも常に議論はあるもの。ジャーナリストの投票の自由、表現の自由を尊重すべきさ」と語り、バロンドール除外への不満は口にしなかったそう。

劇的勝利の豪州戦「裏チャンネル」でもう一度!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら