佳境を迎えている2022年ワールドカップの欧州予選。グループA首位のポルトガルは敵地でのアイルランド戦に引き分けた。

ダブリンで行われた試合後に見せたクリスティアーノ・ロアウドの神対応が話題になっている。

ピッチ上に乱入した少女にユニフォームをプレゼントしてハグ!少女は感極まっていたようだ。

『RTE』によれば、乱入した11歳のアディソンちゃんはこう語っていたそう。

アディソン・ウィーラン

「私は2列目だったので、1列目と柵を飛び越えました。

ピッチに向かって走ると、警備員が後ろから追いかけてきたんです。

反対側からも2人が来たので、私はひたすら走り続けました。

2人を避けるためにハーフラインに向かって走ったんですが、捕まってしまいました。

で、私はロナウドの名前を叫んだんです。彼は振り返って私を見ると、離してあげてと彼らに言ってくれました。

彼を呼ぶと私のもとに来てくれました。私は驚きで泣いてしまって、『ユニフォームを貰えませんか。お願い、お願い。大ファンです』って感じでした。

彼は大丈夫?と声をかけてくれました。(ピッチの脇で)それを見ていた父はただただショックを受けていました。

私は『オーマイゴッド、夢がついに叶った』って感じで。たぶん、彼がアイルランドでプレーする最後の時だったかもしれません。

彼は全てに感謝しているよと言っていました」

サッカーを愛する彼女は、将来的にアイルランド代表とアーセナルでプレーするのが夢だそう。ただ、ピッチへの侵入によって、3000ユーロ(39万円)ほどの罰金が科される見込みだとか。

【動画】36歳ロナウド、華麗にいなされてしまった無念守備シーン

日曜日に行われるグループAの最終戦で、勝点で並ぶポルトガルとセルビアが直接対決で激突。得失点差で首位に立つポルトガルは、勝ちか引き分けで本大会出場が決まる。

ロナウドは「日曜日にホームのファンたちの前でカタールW杯出場を決めよう!」と意気込んでいる。