日本代表チームは16日、敵地でワールドカップ予選のオマーン戦に臨み、1-0で勝利を収めることに成功した。

後半に投入された中山雄太のボール奪取から三笘薫がサイドを突破し、伊東純也がクロスに飛び込んでゴール。そのリードを守りきって、3ポイントをゲットした。

試合後、キャプテンを務めている吉田麻也は『DAZN』のインタビューに対して以下のように話した。

吉田麻也

「なかなか点が入らずに、焦れやすい試合でした。アウェイということで、雰囲気も環境も難しい中で、我慢して我慢して最後に点をとって、勝点3を取れたということは非常に大きいです。

しかし内容の部分ではもちろん満足していないですし、もうちょっと試合を支配できるような戦い方ができなければ苦しくなるなという感はあります。

前半はなかなかインサイドハーフにボールが入らず、展開が作れなかったり、サイドチェンジがいいテンポで届かなかったりしました。

相手を走らせて後半仕留めたいなと思っていたんですが、相手も運動量を落とさずに最後まで頑張ってきました。

最終的にはサイドから打開できたので良かったと思いますが、苦しい試合でしたね。

この非常にハードなスケジュールをこなした中なので、各自がクラブで試合に出て、1月にいいコンディションでゲームに向かわなければならない。

国内組はリーグが終わったあとなので調整は難しいでしょうし、しっかり休んで良い状態で1月の試合を迎えなければならないと思います。

ホーム2連戦なので確実に勝ちたい。現状、勝ち続ければ自力でワールドカップをつかめるところまで来ているので、引き続き緩むことなく勝点を取らなければいけない。

まだまだ油断できませんし、一つのミスで大きく状況が変わる状態なので、気を引き締めていきたいと思います」

【写真】ワールドカップに出られない?敗退の危機に直面するスーパースター5名

なお、日本代表の次の試合は1月27日の中国戦。さらに2月に入ってサウジアラビア戦が待っている。両方とも日本のホームで行われる予定だ。