先日行われたUEFAチャンピオンズリーグのアトレティコ・マドリー対ミランは、0-1という結果で終了した。

後半にミランが勝ち越したのだが、それを決めたのがジュニオール・メシアスというストライカーだった。

87分にフランク・ケシエのクロスからヘディングを叩き込んだ彼は、『The SUN』によればなんと「元冷蔵庫の配達員」であるそう。

【動画】今季ミランに加入したジュニオール・メシアス、救世主のインタビュー

ジュニオール・メシアスは1991年生まれの30歳。ブラジルではクルゼイロの下部組織でプレーしていたが、20歳でイタリアへと移住したという。

移住後はなんとただ草サッカーでプレーするだけで、妻と息子を養うために冷蔵庫の配達員、レンガの研磨士として生計を立てていたという。

しかし24歳のときに5部リーグのカザーレというクラブに加入すると、いきなり32試合で21ゴールを決める活躍を見せたとのこと。

そしてキエーリ、ゴッツァーノというセリエD~Cのクラブでプレーしたあと、2019年夏にセリエBのクロトーネへと移籍。

そこでいきなりレギュラーを獲得するとセリエAへの昇格に成功し、昨季は36試合で9ゴールという好成績を残した。そして今季はミランへローン移籍、そしてチャンピオンズリーグでのゴール…。

まるでジェイミー・ヴァーディのような「成り上がり」であるとして、大きな話題を集めているようだ。

冨安がアーセナル初アシスト!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら