辞任したスールシャール監督の後任として、ラルフ・ラングニックを招聘したマンチェスター・ユナイテッド。

暫定監督を務めていたマイケル・キャリックはクラブからの退団を決断した。

【動画】これはすごかった!キャリック、ローマ戦での衝撃ミドル

『The Athletic』によれば、ラングニックはキャリックを慰留していたことを明かしたという。

ラルフ・ラングニック

「マイケルのことは2日前に知った。

私はマイケルとキーラン(・マッケンナ)と会い、特にマイケルとは2日前に1時間以上もプライベートな話をした。

彼に留まるように説得しようとしたが、彼はすでに数週間前に決断を下していた。プロサッカー界で30年間を過ごしてきたので休みが必要だとね。

最終的に私はそれを受け入れた。ある程度は彼の決断を理解できる」

キャリックは現役を引退した2018年からユナイテッドでアシスタントコーチを務めていた。

アジア最終予選を観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら