かつてイングランド代表でも活躍した伝説のストライカー、ギャリー・リネカー。

レスター・シティやトッテナム・ホットスパー、バルセロナ、名古屋グランパスエイトなどでプレーし、1992年にスパイクを脱いだあと、メディアで司会者や解説者として長く存在感を示してきた。

『The SUN』によれば、彼はゴールとセックスを比較して以下のように話したとのことだ。

ギャリー・リネカー

「何にも置き換えることができないものは、重要なゴールだ。

ゴールを決めることについて、多くの人々が馬鹿げたことを聞いてくるんだよ。『ワオ、それはセックスよりもいいのか?』と。

好きなときにそれができるかどうかはわからないが、だいたいセックスをいつやれるかはわかるものだ。

それに対して、再びゴールを決められるかどうかは全くわからないんだ」

【写真】プレミアで「最速100ゴール」の伝説ストライカーTOP5

かつて「レスター・シティ時代にFAカップ決勝で決めたゴールは、セックスよりもよかったね。ちょっと陶酔感が長持ちする」と語っていたリネカー。やはりゴールは素晴らしいものであるそうだ。