ベネズエラ1部リーグのデポルティーボ・ラ・グアイラでプレーしているFWチャルリス・オルティスが、脅迫の容疑で逮捕された。

『La Sexta』によれば、チャルリス・オルティスは住宅地で60歳の男性を殴打した上、拳銃を突きつけて強迫行為を行ったとのこと。

その事件の模様は監視カメラで捉えられていた。

【動画】赤いキャップを被ったチャルリス・オルティスと思われる人物が、男性をぶん殴る…

この事件によってチャルリス・オルティスはすでに逮捕・拘束されており、暴行や銃器の不正使用の罪で起訴される予定であるとのこと。

チャルリス・ホセ・オルティス・ガルシア、通称「チャルリス・オルティス」は1986年生まれの35歳。

ベネズエラのリーグで長くプレーしているストライカーで、2010年から所属したデポルティーボ・ラ・グアイラでブレイクした選手だ。

その後デポルティーボ・アンソアテギ、ミネロス・デ・グアジャナ、ウアチパト(チリ)に所属したあと、古巣のデポルティーボ・ラ・グアイラに戻っていた。