昨年60歳で亡くなったディエゴ・マラドーナ氏の実弟であるウーゴ・マラドーナ。

かつてJリーグでもプレーした同氏が52歳で死去した。アルゼンチンサッカー協会などがその訃報を伝えている。

『TyC Sports』によれば、ウーゴ氏はナポリの自宅で心停止を起こし、亡くなった状態で発見されたという。

【写真】「NEXTマラドーナと期待された10人の天才とその評価」

ウーゴ氏の娘たちは「今日、私たちの心のほとんどが無くなった。あなたと会い、笑い合い、どれほど愛しているかを伝えたかった。永遠に愛している」などとのメッセージをSNSに綴っているそう。