ワールドカップのグループステージで日本と戦うことになったドイツ代表。

ここでは、『Transfermarkt』での市場価値がリオネル・メッシの6000万ユーロ(83億円)以上に設定されているドイツ選手を調べてみた。

ヨシュア・キミッヒ

ヨシュア・キミッヒ

市場価値:8500万ユーロ(118億円)

バイエルン・ミュンヘンに所属する27歳のMF。

大国ドイツが誇るサッカーの申し子であり、ジョゼップ・グアルディオラ監督が「ほぼ私の息子」と惚れ込んだほど。

また、ジョゼ・モウリーニョ監督も「右サイドバック、左サイドバック、センターバック、6番、8番、10番(の全ポジション)で素晴らしい。監督が欲しがる全ての資質を持っている。サッカーについての非常に素晴らしい思考力がある。絶対的な超人選手であり、世界最高のひとり」と超大絶賛している。

守備的MFと右サイドバックとして活躍してきたが、本人的には「試合に勝てるなら、ポジションはどこでもいい」そう。