欧州主要リーグは佳境を迎えており、来季に向けた移籍の噂が活発になってきた。

そうしたなか、『CIES Football Observatory』は、欧州5大リーグ以外で最も移籍想定額が高い選手を算出している。

全体1位はベンフィカのウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェス。22歳の彼には7070万ユーロ(96.6億円)という金額がついている。

「若さ、契約期間の長さ、競争力のあるチームでのプレー、ハイパフォーマンスなど高額査定につながる重要な要件を全て満たしている」というのが理由。

【動画】新怪物!ダルウィン・ヌニェス、リヴァプールを壊した超シュート

スコットランドでは、セルティックの旗手怜央が1110万ユーロ(15億円)が2位にランクされている。

1189万ユーロ(25億円)で1位になったリエル・アバダを含めて、スコットランドは上位10人中8人がセルティック勢(残り2人はレンジャーズ)。

前田大然はレンタル中なので外れたのかもしれないが、古橋亨梧は上位10位以内に入らず。意外だが、27歳という年齢も影響しているのだろうか。