シーズン佳境を迎えている欧州各リーグ。

そうしたなか、ユヴェントスとの契約が今季限りとなっているパウロ・ディバラは退団を発表した。

パウロ・ディバラ

「別れを告げるための正しい言葉を見つけるのは難しい。

あまりに長い年月、様々な感情が絡み合っているから…。

もっと長く一緒にいられると思っていたけれど、運命が僕らを別々の道に進ませた。

僕にもたらしてくれた全てのこと、全ての試合、全てのゴールは一生忘れない。僕らはともに成長し、学び、生き、夢を見た。

12ものトロフィーと115ゴールという魔法のような7年間だった。それは誰も奪うことはできないものだ。絶対にね。

困難な時に支えてくれてありがとう。最初から最後まで僕に付き添ってくれた人たちに感謝する。ファン、クラブ内で働く人達、監督、チームメイト、従業員にマネージャー。

この重要なユニフォームとキャプテンマークを身に纏うことができたのは人生最大の誇り。いつか子供や孫にも見せてあげたい。

明日がこのユニフォームでの最後の試合になる。想像できないけれど、最後のお別れになる。

簡単なことではないだろうけれど、自分は皆のために全てを捧げてきたことを自覚して、笑顔と顔を上げてピッチに入るつもりだ」

ユーヴェの今季は残り2試合だが、17日のラツィオ戦がホーム最終戦になる。

【動画】退団決定!ディバラ、ユーヴェでの爆裂ミサイルシュート

ディバラはそこでファンに別れを告げることになるようだ。