今シーズンも残り1試合になったアーセナル。序盤は最悪のスタートになったが、ミケル・アルテタ監督のもとで確かな復調を見せた。

そうしたなか、『football.london』は早くも来季に向けた選手査定を行っている。スポーツディレクターのエドゥが「保持、売却、ローン」のどれを選ぶべきかというものだ。

冨安健洋、そして、ベティスからレンタルバックするエクトル・ベジェリンはこう評価されていた。

『football.london』

「冨安健洋:保持

年明け以降は怪我に苦しんだが、前半戦は最も信頼できるパフォーマンスを見せたひとりだった。

まだ23歳であり、スピード、バーサティリティ、試合を読むインテリジェンスを兼ね備えた稀有な選手として、監督にとっては夢のような存在だ」

「ベジェリン:売却

今季はベティスへのローンで成功を収めた。ただ、冨安を上回ってアルテタ監督のチームに割って入るのは難しい。契約も残り1年となっていることから、売却を試みるのが理にかなっている」

冨安は若さに加え、スピードやユーティリティ性、試合を読む力を兼ね備えていると絶賛。監督にとってこれ以上ない存在と褒めちぎっていた。

【関連】アーセナル冨安も!いま世界で最もすごい「超二刀流DF」たち

確かに188cmという高さとスピード、両足を使えてDFラインならどこでもプレーできるというのは類稀な存在のはず。