今季4冠達成の可能性があるリヴァプール。大幅にメンバーを入れ替えたプレミアリーグ第37節サウサンプトン戦に1-2で勝利した。

敵地で先制されるも、南野拓実とジョエル・マティプのゴールで逆転。

Optaによれば、2022年に入ってからのプレミアリーグでいまだ無敗なのはリヴァプールだけだそう(15勝3分)。首位に立つマンチェスター・シティは2月のトッテナム戦(2-3)で唯一の敗戦を喫している。

また、リヴァプールはマティプが得点を決めたリーグ戦8試合に全勝。

彼はプレミアリーグで出場した125試合中10試合しか負けていない(敗率8%)。これは、プレミア100試合以上に出場した1081人のなかで最も低い敗率だそう。

【関連】2022年のW杯に出られない11名の輝かしいスーパースター

首位シティと2位リヴァプールの勝点差は1ポイント。最終節ではそれぞれアストン・ヴィラ、ウォルヴァーハンプトンと対戦する。

リヴァプールMFジョーダン・ヘンダーソンは「自分たちがやるべきことに集中する。そして、ヴィラが僕らに有利なことをしてくれるのを願う」と述べていた。なお、ヴィラを率いているのはスティーヴン・ジェラード監督である。