パナソニックスタジアム吹田で対戦した日本代表とチュニジア代表。結果はチュニジアが0-3で勝利し、キリンカップ優勝を決めた。

日本とチュニジアは20年前の2002年に行われた日韓ワールドカップでも対戦している。しかも日付は全く同じ6月14日だった。

試合後、チュニジアサッカー連盟のワディ・ジャリ会長はSNS上でメッセージを発信。

チュニジア代表チームを讃えつつ、全ての人に心から感謝したいなどと綴っている。また、田嶋幸三会長が率いるJFAが試合前に表彰してくれたことは寛大で高貴な振る舞いだったと感謝。

【関連】「日韓W杯チュニジア戦」日本代表の”伝説スタメン”覚えてる?

そして、「運命は20年前に日本がチュニジアを2-0で破ったこの街(大阪)で再戦を開催することを望んでいた」という言葉で締めくくっていた。