先日行われた日本との国際親善試合に0-1で勝利したブラジル代表。決勝ゴールを決めたのは、ネイマールだった。

ただ、彼はついに30歳という年齢になったこともあり、21歳のヴィニシウス・ジュニオールを推す声もある。そうしたなか、ブラジル代表のチッチ監督は『Guardian』のインタビューでこんな話をしていた。

チッチ(ブラジル代表監督)

「(ネイマールがあなたにとって最高の選手?それともヴィニシウスの時代?)

ネイマールはネイマールだ。彼は我々にとって最大のスターであり続ける。

今の違いは、その輝きが近くで同じように輝くスターたちによって薄められていることだ。

ネイマールの偉大さは、彼が若手たちの成長を理解していることにある。

彼は若手たちにレベルアップを促す。時間と経験がその成熟をもたらすのだ」

ネイマールの存在は依然と変わりないが、彼以外のスターも台頭していると述べたようだ。

【関連】ブラジル代表、史上最高の「イケメン」10人を選んでみた

また、チッチ監督は「ネイマールは偉大なので常に大きな期待を寄せられる。だが、それは薄まってきた。ネイマールだけでなく、ヴィニシウス、ラフィーニャ、チアゴ・シウヴァもハイレベルにあるし、パケタ、カゼミロ、ファビーニョも」とも話している。