バルセロナで構想外とされている22歳のリキ・プーチ。

カンテラ育ちの天才として期待されていたが、この夏のプレシーズンツアーメンバーからも外れている。

『AS』によれば、プーチはMLSのLAギャラクシーと口頭合意に達したという。

セリエAクラブからの関心が報じられたが、正式なオファーには至らず。そうしたなか、MLSからオファーが届き、関係者全員が口頭合意に達したとのこと。

【関連】久保建英も!?バルセロナが連れ戻したいはずのカンテラ退団選手5人

MLSは8月4日に選手登録が締め切られるため、駆け込み移籍になるようだ。ただ、完全移籍ではなく、今年末までのローン移籍になる見込み。