100億円を超える移籍金で連れ戻したロメル・ルカクをわずか1年でローン放出したチェルシー。

彼を含め、チェルシーの背番号9を背負った選手は不発に終わるケースが相次いでおり、呪われた番号とも云われている。

『Telegraph』によれば、トーマス・トゥヘル監督がその件に言及したという。

トーマス・トゥヘル(チェルシー監督)

「あれは呪われている、人々から呪われていると言われたよ。

戦術的な理由で空けているわけではない。

自然に選ぶ選手はいる。(ただ)背番号を変えたい選手がいても、9番はあまり人気がない。驚くことに誰もそれに触れたがらない。

私よりも長くこのクラブにいる人間は誰もがこう言う。『彼は9番だったけれどゴールしなかった。彼も9番だったけど得点を奪えなかった』ってね。

だから、いまは誰も9番に触れたがらない。

私も迷信を信じているので、選手が触れたがらない理由や他を好むのは理解できるけどね」

チェルシーでは9番が忌避されていることを認めていたようだ。

【関連】ルカクも…チェルシー「呪いの9番」最高の5人と最悪の5人

新加入のラヒーム・スターリングも17番を選んでいる。