ついに2022-23シーズンが開幕するプレミアリーグ。ここでは、一風変わった背番号を背負った選手たちを取り上げてみる。

2番:クリント・デンプシー

クリント・デンプシー

ランドン・ドノヴァンと並んでアメリカ代表史上最多ゴールを記録したアタッカー。FWながらトッテナムでは2番を着用した。

クリント・デンプシー

「全ては大学時代に始まった。

上級生たちがそのポジションに基づく伝統的な番号を全部とってしまったので、唯一空いていた番号だったんだ。

そして、MLS入りした時に2番か10番を着けるチャンスがあった。

当時のニューイングランド・レヴォリューションでは、10番はアンラッキーな番号と見なされていた。だから、『触れたくない』って思ってね。

そして、自分が最初に着けた背番号も2番だったことに気付いた。だから、この番号は自分にとって特別なんだ」

他にもアブ・ディアビがアーセナルで、モルガン・シュナイデルランがエヴァートンで2番をつけている。