今シーズンから吉田麻也がプレーするシャルケ。

そのリザーブチームであるシャルケ2はドイツ4部リーグを戦っているが、このほど上月壮一郎の加入が決まった。

上月は昨年まで京都サンガでプレーしていた21歳のDF。京都では久保裕也以来となる高校生でのJデビューも果たした。

今年1月にドイツ5部のFCデューレンに加入し、今夏からシャルケ2に移籍。

古巣であるデューレンには「親愛なるデューレンファミリーへ、直接言えなかったけれど、ありがとう!この半年、そして、みんなことは決して忘れないよ。自分のキャリアを助けてくれたし、多くのことを与えてくれた。難しい時も過ごしたけれど、僕らは4部リーグに昇格できた!人生で信じられないくらい美しい経験だった。また会おう。どうもありがとう、デューレン」とのメッセージを送っている。

【関連】名門シャルケ「ユースに所属した選手ベスト11」

デューレンは今季5部から4部に昇格。4部リーグは5つの地区に分かれているが、両チームはともに西地区に所属しており、9月11日に対戦する。