Jリーグ史上最多優勝を誇る“常勝”鹿島アントラーズ。チームをスカウトとして支え続えてきた椎本邦一さんが、内田篤人の冠番組でもあるDAZNのFOOTBALLに出演した。

2人は旧知の間柄だけにさっくばらんに様々な話題を語っている。スカウトには成功もあれば、失敗もあるという話になると、椎本さんはこう述べていた。

「(スカウトした選手がプロでうまくいかなかったケースは)そりゃあるよ。

あぁ…声かけなかったほうがよかったかなぁとかある、それは。性格的に優しいとかね。

ある程度、我が強くないとこの世界は生きていけないし、相手を蹴り落としてでも這い上がっていこうという気持ちもなきゃいけないけど…なかにはすごい優しい子もいるし。

大学に行かせたほうがよかったかなぁっていうのは正直言ってあります」

味方であるチームメイトとの争いに打ち勝って、自分のポジションを掴まなければいけないプロの世界。

【関連】日本代表、2022年にピークを迎えていなければならなかった10名

気の強さが必要になるため、良い子すぎるとプロに連れてくるべきではなかったかもしれないと自責の念を感じることもあるようだ。そのあたりはプロの世界に入ってみないと分からない部分もあるということだろうか。