アルゼンチン代表はフロリダで行われたホンジュラスとの親善試合に3-0で勝利した。

リオネル・メッシはPKとループシュートで2ゴールをマークしている。

メッシが相手選手に激しいチェックを受けて倒れた後には両チームが乱闘沙汰になりかける場面もあった。ただ、試合後にはホンジュラスの選手やスタッフはメッシにユニフォームや写真撮影をおねだり。

ホンジュラスのスタッフが帰ろうとするメッシの腕を掴んで強引に写真をお願いするシーンさえあった。

ちなみに、メッシのユニフォームをゲットしたのは、試合中にマーク役を任された29歳のMFエクトル・カステジャノス。

【動画】メッシ大人気!マークした選手にユニフォームをあげたシーン

35歳のメッシはワールドカップ後に代表から引退する可能性もあり、ホンジュラスの選手たちはこれがラストチャンスという思いもあったのだろうか。

なお、アルゼンチンのリオネル・スカローニ監督は「大事なのはメッシが快適でサッカーを楽しんでいること。彼が楽しめば楽しむほど、我々全員も楽しい」と話していた。