フロリダで行われたホンジュラスとの親善試合に3-0で勝利したアルゼンチン代表。

リオネル・メッシはPKとループシュートで2ゴールをマークしている。

メッシが相手選手に激しいチェックを受けて倒れた後には両チームが乱闘沙汰になりかける場面もあったが、試合後にはホンジュラスの選手やスタッフはメッシにユニフォームや写真撮影をおねだり。

ユニフォーム交換に成功したのは、メッシのマーク役だった29歳のMFエクトル・カステジャノスだった。

彼はこんなメッセージを出している。

エクトル・カステジャノス(ホンジュラス代表MF)

「自分は恵まれた人間さ。世界最高の選手をマークできたのは誇り。

サッカーで自分は生かされている。ホンジュラスから世界へ」

メッシとの対戦に感激していたようだ。

【動画】メッシ大人気!密着マークした選手にユニフォームをあげたシーン

一方、メッシは「開始1分で彼が試合中ずっとついてくると悟ったよ」とカステジャノスのマークについて語っていた。