日本代表をキャプテンとして牽引してきたDF吉田麻也。

TOKYOFMをキーステーションに放送中されている『吉田麻也のチャレンジ・アンド・カバー』で、サッカー選手のヘア事情について語った。

それによれば、冨安健洋も所属するアーセナルには髪形にこだわりを持つ選手がいるようだ。

「身だしなみチェックが長い選手がいるんですよ。

ポルトガル代表のセドリックっていう、いまアーセナルで冨安と一緒にやっている選手がサウサンプトンにいたんですけど…ドライヤーが長いの!

めちゃめちゃ短髪なのにドライヤーがめちゃめちゃ長くて。

ドライヤーしていると、『お前、セドリックか』って言われるくらいドライヤーが長い選手がいました」

吉田がドライヤーの時間が長すぎると指摘していたのは、サウサンプトン時代の同僚であるDFセドリック・ソアレス。彼は確かに短髪だが、セットにこだわりがあるのかも?

【関連】サッカーの歴史上「最悪の髪型」10選

ちなみに、34歳吉田と36歳長友佑都のベテランコンビは、髪への影響がある雨の日になると「うぁ、やられたな…」と2人でこぼしているそう。